大規模修繕リフォームについて

環境にもよりますが、約13~15年経過したビル・マンションの大半は大規模修繕工事が必要とされます。もし、この修繕周期に適切な処理を行わなければ、物件の快適性が失われるだけではなく、住まう人の安全面も脅かされていきます。
HWPでは、物件の老朽化を遅らせて寿命を延命し、長期にわたって物件環境が良好な状態に維持できるよう、高品質な工事を実践しています。
これまで培われた豊富な経験を最大限に活かし、日々技術とノウハウを構築し、お客様の信頼と期待にお応えします。

大規模修繕

外壁補修・塗装工事

外壁や屋根は思った以上に痛んでいます。マンションやビルは鉄筋コンクリートで造られているので、一見とても強固に見え、半永久的な建物というイメージが強いのですが、年月の経過とともに劣化が進みます。
風雨や強い日差し、排気ガスに「まだ大丈夫!」と放っておくと傷みがコンクリート等の素材自体に広がってしまいます。
コンクリートのひび割れができ、それが大きくなるとそこから雨水などが浸透し、中の鉄筋を錆びさせ膨張、コンクリートが破壊することもあります。何の手入れもせず放っておいて、劣化しつくしたコンクリートの一部が崩落することなど、絶対に起きてはならないことです。
外壁のひび割れや欠損はその他にも漏水の原因や建物の耐久性の問題など様々なトラブルを引き起こします。
早期に修繕を行うことにより、建物の老朽化を遅らせて寿命を延命し、長期にわたって物件環境が良好な状態に維持できるようにするのが修繕工事です。
また、劣化してから補修するのと、定期的に初期段階で補修するのとではかかる費用も全然違ってきます。
修繕工事は生活に支障が出るまで劣化してから行なうものではなく、常に建物を最良の状態で維持していく為に、定期的に行っていくものです。

屋根・屋上・バルコニー等 防水工事

屋根・屋上・バルコニー等は長年にわたり、日照や降雨にさらされる為、他の場所に比べ劣化が進みやすい場所です。防水工事に使用している素材は耐久性、耐候性に優れた物を用いていますが、それでも経年による劣化は避けられません。
普段目にすることのない場所だけに、雨漏りや天井に付いたシミを見て、屋上防水の劣化に気づくということも少なくありません。
雨水が建物内に入ると、漏水やコンクリートの腐食、物件自体の劣化の原因になるなど、さまざまなトラブルを引き起こしますので、定期的なチェックとメンテナンスが必要です。

外壁リフォーム

外壁補修・塗装工事

外壁や屋根は思った以上に痛んでいます。風雨や強い日差し、排気ガス。「うちはまだ大丈夫!」と放っておくと傷みが木材やコンクリート等の素材自体に広がってしまいます。
こうなると単なる外壁の塗替えだけでは済まなくなってしまい、大掛かりなリフォームが必要になってしまいます。
外壁のひび割れや欠損は漏水の原因や建物の耐久性の問題など様々なトラブルを引き起こします。
早期に修繕を行うことにより、建物の老朽化を遅らせて寿命を延命し、長期にわたって物件環境が良好な状態に維持できるようにするのが外壁補修・塗装工事です。
外壁のリフォームは生活に支障が出るまで劣化してから行なうものではなく、常に建物を最良の状態で維持していく為に、定期的に行っていくものです。

屋根・屋上・バルコニー等 防水工事

屋根・屋上・バルコニー等は長年にわたり、日照や降雨にさらされる為、他の場所に比べ劣化が進みやすい場所です。防水工事に使用している素材は耐久性、耐候性に優れた物を用いていますが、それでも経年による劣化は避けられません。
普段目にすることのない場所だけに、雨漏りや天井に付いたシミを見て、屋上防水の劣化に気づくということも少なくありません。
雨水が室内に入ると、柱の腐食や悪臭の原因になるなど、さまざまなトラブルを引き起こしますので、定期的なチェックとメンテナンスが必要です。

  1. 個人のお客様
  2. オーナー様 管理組合様 法人のお客様
  3. 大規模修繕リフォームについて
  4. 防水工事について
  5. 企業情報
  6. 採用情報
  7. お問い合わせ