防水工事について

防水工事にはFRP防水、シート防水、ウレタン防水など様々な種類の工法があります。しかしそのどの工法にも向き不向きやメリットデメリットが存在します。
HWPではそれぞれの工法の特性や長年積み重ねてきた経験を基にお客様の物件に一番適切な防水工事を致します。

FRP防水

FRPとは、繊維強化プラスチックのことです。
防水したいところに補強のガラス繊維などを敷き、現場で硬化するプラスチック系樹脂を塗って作る防水工法です。
FRP防水とは主にガラス繊維を芯にポリエステル樹脂で形成する強化プラスティックを利用した防水です。
今までにない耐久性と防水性を有しているのが特徴です。
ベランダや浴室など、水によって建物が侵蝕されやすい場所に施工するのがFRP防水で、紫外線や高温・低温にも対応できることなどから、近年、幅広く利用されるようになりました。
特に、一般住宅ではかなりの普及率で木造住宅のベランダでは8割以上がFRP防水と言われています。

  • 狭い場所でも施工ができる。
    軽量で強度が高い。
    短工期で施工可能。
    継ぎ目がないので、防水効果が高い。
  • 広範囲に施工をすると高額になる。
    素材の強度が高い分、伸縮は苦手なので、
    大きな動きに弱い。
    下地が鉄の時、FRP防水ができない。

シート防水

シート防水は水槽の腐食やビルの屋上防水、屋根の急勾配、プールが老朽化した際の補修など、さまざまな用途で利用されています。
最近は、非歩行仕様や普通歩行仕様のシート、屋上緑化用のシートなど、シート防水素材の技術が進んだ事でバリエーションも多く用意されるようになりました。
伸縮性に富んだシート(ゴム系、エンビ系)を使用するので、建物の収縮に追従性する優れた防水材料と言えます。

  • シートなので品質にムラがない。
    カラーバリエーションが豊富。
    短工期で施工可能。
    ちょっとした歩行ができる。
  • どうしてもつなぎ目になる部分が生じる。
    複雑な形状のものには向かない。

ウレタン防水

ウレタン防水(ウレタン塗膜防水工法)は、塗料状のウレタンゴムを塗って防水層を形成する工法です。
基本的に主剤と硬化剤の2つの成分を混合して施工します。施工すると2つの成分が化学的に反応して硬化し、シームレスな防水層になります。
ゴムシートなどを貼るシート防水などに比べ、複雑な形状でも簡単に施工でき、つなぎ目の無いシームレスな塗膜で美観に優れるなどの特徴があります。また、改修時に建物の傷み具合や利用方法に最適な防水層を提供でき、改修工事用として需要が多くあります。

  • 複雑な形状の屋根やベランダにも施工が
    できる。弾性が良く改修にも新築にも良好。
    耐候性が良い。
    継ぎ目がないので、防水効果が高い。
  • 価格が少し高め。
    5年を目安にトップコートの塗り替えが必要。

その他の防水

アスファルト防水、アクリル塗膜防水等、各種防水工事も施工致します。
物件の状態を確認させて頂き、一番効果的で最適な工法をご提案します。

  1. 個人のお客様
  2. オーナー様 管理組合様 法人のお客様
  3. 大規模修繕リフォームについて
  4. 防水工事について
  5. 企業情報
  6. 採用情報
  7. お問い合わせ